NEW M70-M90シリーズデザイン
ワイドフックレス&
プロテクティブリムストラップ
エナジーリムヒット時のインパクト10%強化
ENVEパテント
 
NEW M50-M60シリーズデザイン
 ワイドフックレスビート
ENVEパテント
従来のリムのデザイン
 
フックレスビートは岩などできつい衝撃を
くらうとタイヤやリムを傷つけ切れてしまう事につながり
スネークバイトにつながります。
NEWデザイン
 
新しいワイドフックレススピード
タイヤやリムを傷をつけないテクノロジーです。
 2018"M Series-M730 M735(27.5/29er)
重量:リム420g /ストラップ130g
size:27.5/29er
32H
ハイボリュームリム幅:30/35内
M70/M90に関しては専用リムプロテクションリムストラップを装備、
スネークバイトを防ぎます。
122,000-税別
 

専用リムプロテクションリムストラップ
チューブレス専用

専用バルプ・タイヤレバー
バルプコアー

 
 
 
MTB完組前後SET
*リムのチョイスM5.6.7.9&ハブDT,KINGチョイス
スポークはサピムCX-RAY,ホイールスミス

 エンヴィ社の強みは、優秀な技術陣と彼らが持つ高い技術力。自転車業界のトップブランドで設計を担当していた者が多く在籍しているため、カーボン素材やその製造法についての豊富な知識を備えているのだ。中には30年以上もカーボンの製造に関わってきた技術者もおり、F1のエンジニアを経験した超エリートとタッグを組んだりもする。
そのため、新しいブランドながらエンヴィのプロダクツは世界中で高い評価を得ており、ロードレースシーンではもちろん、シクロクロス、トライアスロン、MTBの各カテゴリで活躍している。ダウンヒルで過酷な使い方をするパーツ・クラッシャーたちも、「エンヴィだけは大丈夫!」と太鼓判を押すことも多いという。
パーツ表面のマットな素材感や独特の雰囲気のブランドロゴも人気の秘密だろう。ちなみに、パーツの製造はアメリカ・ユタ州の自社工場で行われている。

製品は度重なるクラッシュテストを受けて市場に送り出される
エンヴィの作るリムは、なぜそんなにいいのか? そのテクノロジーの大部分は企業秘密だが、製造工程がエンヴィ独自のものであることが理由の一つだ。例えば、製造時にリムの内部で膨らんでカーボン素材を型に押し付けるブラダ(風船のように膨らむエアバッグ)。通常、ブラダはナイロン素材でできている。
 
しかしエンヴィでは、ナイロンとは異なる高価な素材を使用しているのだという。その素材は再利用できないため、リムを一本作る度にブラダを交換しなくてはならない。コストは高くなってしまうが、このようなこだわりによって、エンヴィのリムは高い精度と軽量性、耐久性を持ち合わせることに成功している。

また、スポークホール周辺の設計も理由の一つだ。通常のカーボンリムはリムを成型した後、ドリリングによってスポークホールを開ける。しかしエンヴィの場合、最初から穴を開けた状態で成型しているのだ。そのためカーボン繊維が途切れることなく、高いスポークテンションを受けることが可能になる。

このようなテクノロジーは、強度、剛性、耐久性という面でも有利になるエンヴィ独自の技術である。

それらのリムは、強度試験、衝撃耐久試験、ブレーキ耐久試験、スポーク引っ張り試験にかけられており、過酷な状況下でのテストを全てクリアしている。トップレベルの軽さを持ちながら、相反するはずの非常に高い剛性、安全性、耐久性を有していることがエンヴィの強みなのだ。